極真武道空手連盟 極真拳武會 会長:廣重 毅
入会案内 指導者紹介 スケジュール
極真拳武會会長 廣重 毅  段位:八段

福岡県出身 1973年6月、25歳で極真会館総本部入門。その後、総本部内弟子となる。
28歳で全日本初出場遅いデビューながら、第9回大会から11大会まで3年連続の入賞を 果たし、世界大会へも出場。
城南支部長となってからは、独自の理論に基づく稽古法と生徒の個性を伸ばす指導法で 3人の世界チャンピオンと全日本チャンピオンの東海林、全日本ウェイト制チャンピオン の古賀、夏原を合わせ10人もの王者を育てたことで、極真史上に残る名指導者として、名を馳せている。
現在は、火曜と土曜の選手稽古と木曜日の壮年・女子を中心の副館長稽古にて指導をされている。
TOP